2019年01月18日

役所と役人

 障害者雇用率の問題で国民の信頼を裏切ったばかりなのに、今度は厚労省が統計調査で不正とは・・。いったい役所とは、役人とはどういうものなのか?「放っておけばサボるもの」と、もっともっと疑った目で役所も役人も見て行かなければならない相手なのかと、議会に身を置く者として自省に駆られる思いがします。
 それにしても統計がいいかげんなものであれば、あらゆる行政施策が間違った方向へ行くことを一番よく知っているべき役人が、永年、組織的に怠慢を放置していたというのだから、それを知っていて放置した人間の心根とはいったいどういうものなのか?徹底的に検証されるべきだと思います。

 4月には選挙を控える県議会ですが、その前に来年度の県予算を審議する議会が一ヶ月あまりに渡って招集されます。こんな事件が露見した後ですから、よくよく厳して目で県の行政をチェックする姿勢が求められるのは当然のこと。心してかかりたいと思いながら、新聞をたたみました。



posted by おさだ at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185397696
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック