2019年02月10日

梅香の季節

 東風(こち)ふかば にほひおこせよ梅の花 
   あるじなしとて 春なわすれそ

 学問の神とされる菅原道真は、才覚があるがゆえに時の権力者の妬みをかい、不遇の人生を大宰府に閉じた人。冒頭の歌は道真が大宰府に左遷されるとき、子供の頃から愛していた梅の樹に「俺がいなくなっても春になったら花を咲かせ香ってくれよ」と歌ったものです。

 梅の花咲く季節となりました。何年か前に事務所の近所のホームセンターで買った梅の盆栽も、わが家の庭で花を付けました。
IMG_4793.jpg
 昨日の雪は大したことがなくて良かったですね。
 今日は日頃お世話になっている方の叙勲のお祝いに招かれています。そこでスピーチを依頼されておりますが、功績を上げられた人生の先輩に対して、若輩の私が祝辞をせよと言うのですから、それはなかなか難しく、2、3日前から悩んでいます。


posted by おさだ at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185531895
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック