2019年05月24日

踏ん張って

「一人の子供を虐待から救えれば、将来の多くの人を虐待や犯罪から救うことになるよね」
 虐待の連鎖ということを考えると、今の努力はきっと将来に大きく生きて来る。

 昨日も政務調査会で国の児童虐待防止法の改正とそれに伴う県の体制整備について話し合い、「大変な仕事になりますね」と、これから向かって行く大幅な計画の変更と、それに伴う多くの作業や人事、人材の育成や設備の充実、関連機関の調整などなどについて、「将来のために頑張って行こうよ!」と、励まし合うような気持ちで話したのですが、その矢先に今度は大和市で虐待(の容疑)で子供の命が奪われる事件がおきてしまいました。

 どんなに法をつくっても、児相の体制を強化しても・・・児童福祉の現場で働く人はそんな無気力感に陥ってしまうのではないかと心配になりますが・・、どうか今そこにある子供の命のため、将来のためと思って踏ん張って欲しいと思います。


posted by おさだ at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186040465
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック