2019年05月26日

クローバーとカタバミ

 今日は閑話休題・・

 公園や道端に咲いている白い花。
IMG_5507.jpg
 昔はこれで女の子が冠を作って遊んだり、四つ葉のものを見つけて「幸運」を願ったり・・ヨーロッパ原産のこの植物、一般にクローバーと呼びますがその名はシロツメクサ。かつてはオランダなどから輸入されたガラス製品の緩衝材としてこの草を乾燥したものが使われ、そんなことから白い詰め物の草、シロツメクサという名がついたとか。

 一方、よくクローバーと間違いやすいのがこの植物。
517383.jpg
 よく見ると葉がハート型をしています。クローバーの葉は丸くて線が入っているのでまったく違うのですが・・こちらはハート形なのでクローバー以上に四つ葉に願いを込めたくなるような形をしていて、ロゴマークなどでも四つ葉のクローバーの葉ががハート型をしていることがあるとか。この植物はカタバミです。

「雑草という名の草はない」
 昭和天皇が言われた言葉とも、植物学者の牧野富太郎氏の言葉とも言われています。

posted by おさだ at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186049063
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック