2019年07月17日

相鉄線の都心直通について

 例年にない長雨と日照時間の不足で農作物の生育に影響が出ているそうで、青物野菜が品不足だとか。スーパーではキュウリが一本100円のところもあると、エプロン姿の店長さんのインタビユーがテレビに流れています。でも・・「しんちゃん入れ物持って来な」・・海老名の本郷あたり、田園地域で暮らしているとそんな声がかかり、こんなときでも近所の人が野菜をくれます。
IMG_5822.jpg
 あぁ、ありがたい。
 駅からのタクシー代は2千円越えますけどね・・。

 さて、相鉄線の都心(JR)直通について、昨日JRと相模鉄道からそれぞれに記者発表がありました。その内容を要約すると以下のようになります。

【記者発表の概要】
 ・運 行 区 間:相鉄線の海老名駅〜JR線の新宿駅
        (朝通勤時間帯の一部列車は大宮方面へ直通
 ・運 行 本 数:朝ピーク時間帯 4本/時
         その他時間帯 2〜3本/時
 ・JR線の停車駅:武蔵小杉、西大井、大崎、恵比寿、渋谷、新宿(特急、各停共通)
 ・所 要 時 間:二俣川〜新宿 44分
          大和 〜渋谷 45分
          海老名〜武蔵小杉 36分
 ・その他の事項 :具体的な運行計画などについては、詳細が決定次第、お知らせをする。


 大宮まで行く列車があるというのは今回初めて聞きました。「海老名発大宮行き」なんだかすごい感じがします。海老名は都心の一角に入ったという感じでしょうか。
 その他両社からの発表内容は以下の通りですのでご興味がありましたらご確認下さい。
【資料1】相模鉄道・JR東日本の記者発表資料.pdf
【資料2】相模鉄道の記者発表資料.pdf
posted by おさだ at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186284965
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック