2019年08月16日

送り火

 一般的に盆は16日までで、今日送り火を焚いてご先祖様をお送りするのだそうですが、私の実家やその周辺は15日の夜に送り火を焚く風習があるため、昨夜のうちにじいちゃんもばあちゃんもあの世にお帰りになり、ほっとしています。ほっと・・って、あの世からは何もかもお見通しですから、怠惰な私のことを見て「コラ!進治!」そんな声が聞こえて来るようで、ご先祖様のいるお盆の実家では、私はいつも首をすくめるような気でいるもので・・(笑)。

 さて、昨日は終戦から74年。私たちの国にとっては「終戦」の日ですが、韓国の人々からすれば日本の占領から解放されて74年なのであって、不戦の誓いをする日本とは違い、韓国の方たちにすれば占領の屈辱を忘れず、二度と領土を奪われないことを誓う日ということになるのでしょう。まだまだ74年。当時の記憶をとどめる人も多い中で、感情的なものが残るのも致し方の無いことだと思います。

 ナショナリズムを刺激すれば燎原に火を点けたように治まりがつかなくなってしまうし、外交や経済、防衛といったことは感情を抑制し、ドライに進めるべきだと思います。そういう意味では、昨今の日韓の軋轢について韓国側の対応には眉をひそめずにいられないものがあります。
 ただ、8月15日の私たち日本人は、自らの過去だけでなくアジアの国々に耐えがたい苦痛を与えてしまったことについても、思いを致すことが大事だと思います。

 二日間、夏休みを頂きました。
IMG_5919.jpg


posted by おさだ at 08:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
その通りだと思います。
Posted by at 2019年08月17日 06:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186429600
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック