2019年08月21日

旱星

 朝5時、枕元のラジオが時報を告げ、目が覚めます。まどろみの中でニュースに耳を澄ますと、「タピオカドリンクが人気でタピオカの輸入が昨年の20倍になりました」と。続いて「しかし、タピオカは糖質が多く含まれ、ドリンク一杯分でどんぶりのご飯一杯分の糖質があり、肥満に注意が必要だと〇〇大学の〇〇先生が・・・」

 朝のトップニュースが「タピオカで太る・・か」枕に顔をうずめなおしながら「平和な国だよなぁ」と思ってもみたり。

 酔っぱらって家に帰り・・流し場の鍋の裏側が茶色く汚れているのが気になり・・クレンザーの付いた金タワシを出してゴシゴシと始め・・ピカピカになった鍋を見て悦に浸っている自分もやっぱり平和な人だと、思ってみたり。

 ま、いいか。

 季節の言葉に旱星(ひでりぼし)という言葉があります。
 この季節、夜空に浮かぶさそり座の目にあたるアンタレスという赤い星が、赤く赤く輝くほどその年は豊作に恵まれると、昔の人は占ったそうです。もっとも、サソリの赤い目は「酒酔い星」とも言われるそうですが・・(笑)

posted by おさだ at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186452620
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック