2019年09月08日

良識に従って

 私たちの国では考えられないようなことが、他国では起きる。せめて、私たちの国では考えられないようなことが、他国では普通なんだと相手の常識に同化してしまわずに、私たちの国の良識を守って行きたい。

 神奈川県と友好都市の関係にある、韓国京畿道(キョンギドウ)議会が日本製品の不買条例を可決しようとしているという。
 今年の春、来年の友好締結30周年を機に、神奈川県を訪問したいと京畿道議会から要請を受けたばかりだが、その後の日韓関係の悪化で来訪を取りやめる手紙が県議会議長あてに届いた。しかしその内容は非常に丁寧なものであったというのだが、それから悪感情をエスカレートさせたのか、まさか不買条例とは・・議会がそこまでやるのかというのが率直な感想。しかも小中高の各学校の日本製備品に「戦犯企業の製品」というステッカーを貼る努力義務を課すという。

 神奈川県議会としてこの問題にどう対応するかといったことは、京畿道議会の結果を見てからということになると思うので、ここでは個人的な考えは差し控えたいと思う。ただ、私たちの議会は私たちの良識に従って対応することが大切だと思う。


 
posted by おさだ at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186530341
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック