2019年09月28日

被災地へ

 台風15号の高波によって甚大な被害を受けている横浜市金沢区の工業団地へ行って参りました。
IMG_6074.jpgIMG_6079.jpg
 海岸線のフロントラインに並ぶ工場では一階部分が波にさらわれ、建物も含めて大きな損壊を受けています。海岸から数ブロック奥まった工場でも70p程度の浸水(海水)により精密機械や重機、エレベーターなどが使用できなくなり、何千万円もする機械にサビが浮き始めていました。高額なトラックや乗用車などもやはり海水による水没では廃車せざるを得ない状態とのこと。また、増税前の大量受注に応えて大量の製品をストックしていた企業では、そのほとんどを海水にやられ、廃棄するしかないとのこと。
IMG_6081.jpg
 そもそも、人手不足や増税、資材の高騰、そして後継者がいないなどの悩みを抱えていた企業も多く、そうした中での今回の被災で廃業を口にする経営者の方もかなりな数にのぼるようです。

 今後今回のような台風が来ても被害が出ないよう、堤防を再構築すると共に、国と県、市が一体となって被災した会社に資金補助をするなど、再建を支援する仕組みを作らなければなりません。
IMG_6083.jpg
 ただ、今は500もある個々の会社を県や市、商工会議所などのみんなで手分けをして訪問し、被害の状況を調査するだけでも手一杯。昨日も20組のスタッフが身体にゼッケンをつけて、一つ一つの会社を訪問している姿がありました。被災した会社も今は片付けや取引先とのやり取りで精一杯。なかなか状況把握にも困難があるようです。

 なんとかしなければ。

posted by おさだ at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186614137
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック