2019年10月04日

山地の環境悪化⇒倒木⇒停電

 今朝は台風18号の影響で激しい雨が降っていますね。お出かけの方はお気を付け下さい。でも昼からは晴れて暑くなるそうですから・・着て行くものや履物など、ちょっと悩みますね。

 先月の台風15号について、昨日菅官房長官が政府や自治体の初動態勢に問題が無かったか、あるいは被害の実態について検証を行うチームを政府内に立ち上げて下さいました。年内に報告をまとめるとのこと。県内でも金沢区の工業団地で越波による大きな被害で出ていますし、鎌倉などでも倒木による停電など自衛隊が出動するような事態になりました。
 是非検証して欲しいのは、山地の樹木のこと。千葉で多発した停電については多くの電柱が折れたり、電線が断線したことが原因ですが、そのまた原因に「手入れの行き届かない山地の杉やヒノキなどの倒木」の問題があるようです。山地の中を道路が走り、その道路に電線が敷設されている。そのわきにかつて植樹し、放置されたままの造営林があり、不健康な杉やヒノキが台風によって倒れて電線を切る。そして奥の集落が孤立する。こうしたことはおそらくこれまでの防災計画ではあまり想定できていなかったのではないかと思います。神奈川県内にもこうした地域はたくさんありますし、ここは是非しっかりと検証して頂き、私たちもそれを参考に今後の防災対策に生かしていきたいと思います。

 今日の県議会は四つの特別委員会が開催されます。

posted by おさだ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186643801
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック