2019年10月17日

災害と議会

 いま! 神奈川県内で発展している街と言えば、武蔵小杉と海老名!! なんて言われて来ましたが、今回の台風で武蔵小杉のタワーマンションの停電が続き、それが日々ニュースで報じられると、海老名で建設が続くマンションに何か影響が出てしまうのではないかと・・とても心配です。

 昨日、新聞やネットで台風の翌朝に山北町に出動した自衛隊の給水車が、給水せずに引き返してしまったという事が報じられていました。報じられている内容は全体のごく一部を切り取っていて、あたかも県が自衛隊を引き返させたように読めます。ですからこのことが昨日の県議会で話題にならないはずもなく、何があったのか調べてみました。感想だけ言うと、山北町も、神奈川県も、自衛隊もそれぞれの立場で被災者のためにと思って行動しており、だれが悪いというような事ではなく、県下全域で様々な事象が同時多発的に起きていた災害発生時に、若干の情報の行き違いがあったということのようです。
 ただ、断水が発生する中で、給水車を目の前にして水を受け取れず、見送るしかなかった住民の皆さまには本当に申し訳ないことで、それはみんなで謝るしかありませんね。

 県議会は5週間に渡った定例会が終わり、今日から決算特別委員会が始まり、3週間ほど審議が続きます。

 職員の皆さんは災害の現場を向いて頑張っている。そんなとき議会が行われて、議会は議会の立場で色々な事を調べたり、意見を伝えたりしなければなりません。そのことが発災現場や被災者に向かう職員の足かせになっていなければ良いがと、そんな思いもあります。

posted by おさだ at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186691023
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック