2020年02月19日

記者がいないのだから・・

 クルーズ船での新型ウィルスの感染拡大のこともあり、この問題に対する政府や行政の対応を批判する声が私にも、自民党政調会にも多く寄せられるようになっています。
 ただ、これだけは・・・ということなのですが、現場で対応にあたっている医師や行政職員、関係者は自らの感染という危険に身をさらしながらも、決死の思いで目に見えないウィルスと戦っているので、そこは見守って頂きたいし、できればねぎらいの言葉をかけてあげて頂きたいと思うのです。そして、もっと大きな視点で対策を練っている厚労省などには私も「なぜもっと早く、もっと手厚く」対応できないのか、など言いたいことはありますが、クルーズ船については想定を超えた規模の事態。だれもいい加減な気持ちで対応してきたわけではないと思うので、批判や反省は事態が鎮静化してからにすべきだと思っています。

 さて、今日は代表質問三日目。
 この期間私は毎朝の朝刊を開きながら代表質問で取り上げたことが「何本記事になったかな・・」と、楽しみにしています。でも・・今回は各紙ともまったくと言って良いほど記事が見当たりません・・・。そもそも本会議場の記者席に記者がほとんどいない・・。コロナウィルスと植松被告の裁判にみんな持って行かれちゃっている感じですかね。

posted by おさだ at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187176385
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック