2020年04月06日

いよいよ

 いよいよ緊急事態宣言が出されるようですね。おそらく首都圏に位置する神奈川県はこの対象となるのでしょう。「遅い!」という人もあれば「不安をあおるだけ」という人もいらっしゃいます。実施するには相応の経済対策を一緒に出さないと、まさに不安をあおる面ばかりになります。また自治体や医療機関、企業、あるいはホテルの借り上げなど、様々な準備が必要でしたので、若干の時間を要したということでしょう。何しろ私も人に会えば「どうなるの?」と聞かれるのですが、どうも相手の方の方が何かと情報が豊富で私は迂闊なことが言えません。たぶんみなさんワイドショーなどテレビをよく見ていらっしゃるからでしょうね・・。私はニュース以外のテレビ番組はほとんど見ないので、むしろ遅れているのかもしれません。

 とにかく、緊急事態宣言が出されればこれに基づいて医療体制の強化など知事の権限で行われることになりますので、そこはしっかりとやること。そして、今日政府が出してくる経済対策を神奈川県がどう受け止めるかが大事。とりわけダメージの大きい飲食や観光、文化・スポーツ系などの業態に速やかに手厚く補助をして倒産の連鎖を防がなければなりません。しかし、実態としては市町村や商工会議所など、国民や零細企業の一番身近なところにいる機関の協力なくしては補助金の申請受付も公布も何もできないのですから、そこをしっかりとフォローすることが都道府県の役割と言えます。
 併せて我々議会も必要な議決事項が生ずれば速やかに審議・採決する体制を組むこと。同時に県民意見を行政とは別角度から吸い上げ、より細かな支援の提言をすることだと認識しています。

posted by おさだ at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187350876
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック