2020年04月07日

緊急事態をふまえて

 緊急事態が今日宣言されることになりました。
 この宣言に合わせて神奈川県は、対策本部の中に経済と社会問題を専門とする部会を設けることにしました。非常に大事な判断だと思います。併せて、県の様々なイベント等を思い切って8月まで中止し、その分の人員をこれから始まる医療体制や経済・社会問題への散り組に振り向ける。さらに人を100人臨時雇用し、その不足分に充てるということのようです。これは私が思っていた以上に積極的で、良い決断だと思います。そうした目で4月1日に行われた人事異動を見直すと、すでにそれを前提とした人事だったか、と思われる部分さえ見受けられます。

・治療薬が承認、使用されるまで医療体制を確保して時間を稼ぐ。
・充分な財政支援をして中小零細企業の倒産・廃業を防ぎ、終息後の回復に向ける。

 目指すべきはそれしかありません。

 あとは議会。こんなときに議会はどうすべきか・・。実態として、県議会を開催するにはかなりの部分で行政側の負担を生じさせるわけですから、そこの部分をふまえつつ、しかし、県民から期待されている部分にいかに応え、批判の受け皿となれるか。こんな時に知事と対峙していても仕方がありません。むしろ行政の動きに積極的に協力し、エールを送ること。

 あくまでも私個人の感覚ですが。

posted by おさだ at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187354482
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック