2020年04月18日

感染者情報は20日より市町村ごとに発表

 もう何か月・・コロナのことばかりこのブログに書いて来たのでしょう。毎日のようにブログを書くようになって20年、こんな経験は初めてで、キーボードをたたく指先も重く、二日ほど更新を怠ってしまいました。

 さて、やはり今日も新型コロナウィルス感染拡大対策のことですが、昨日神奈川県知事から三点について記者発表がありました。一つは感染の疑いのある方から検体を採取する体制を集約強化する取り組みで、横須賀市にその拠点を設けるということ。今後も順次県内に同様の体制を整備して行く方針です。次に軽症の方たちに一括借り上げしたホテルに入って頂く措置について、感染予防の装備・体制の整っている自衛隊に協力を要請して、ホテルに入った方たちへの配食その他の支援をして頂くこと。そして、三点目に感染した人の情報について、これまで保健所の管轄区域ごとに人数等を発表していたものを20日より市町村ごとの発表に切り替えるということ。以上です。

 私のところにも、咳や発熱などの症状があるのに医者に行ってもPCR検査を受けさせてもらえないという相談が寄せられるようになっています。神奈川県内には県の他、横浜、川崎、相模原、横須賀の各市が衛生研究所を持っており、ここでPCR検査を実施しています。研究所の検査体制はかなり充実しているのですが、その手前の検体を採取したりする体制が充分でない部分があるのでこれを集約、強化することは、検査件数を増やしていくために大変有効な手段であると思います。
 一方、感染者の情報を市町村ごとに発表することについては、賛否両論があるところです。感染者やその家族等への差別や風評被害を防ぐことは大変重要で、そのためにこれまでは保健所管内ごとの発表にとどめていました。例えば私の地元海老名市内で感染者が出ても「厚木保健所管内」から、という発表になります。しかし、これでは感染から身を守ろうとする側の人たちからすれば、「どこに感染者がいるのか分からず不安、もっと詳しく公表して欲しい。」という要望が挙げられていました。感染者が全国的に増えて行く中、対策もフェーズが変わったという判断から、県では市町村ごとの発表にすることとした次第です。
 ここに昨日発表された、昨日までの市町村ごとの感染者の累計表を添付いたおきますので必要でしたらご覧ください。ただ、くれぐれも感染者に対する差別につながらないようご配慮をお願いします。
【確定版】0417_記者発表資料(市町別累計).pdf
 今日は雨ですね。
 週末は議会での仕事もありませんし、家でじっとしていようと思います。
 実は私、「北の国から」のDVD全巻(24巻)持っているのですが、これを見ていようと思います。

posted by おさだ at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187394058
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック