2020年05月13日

第二波はクラスターに注意

 中国発のウィルスで多くの人が仕事を失い、子どもたちの教育機会を失い、多くの人の命と健康が奪われている。そんな時に日本の領海で、日本の漁船を中国の公船が追いかけまわす。まったくとんでもない国と私たちは隣り合わせに暮らしている現実にめまいのする思いです。新型ウィルスの問題が去った後にやって来るであろう米中の新冷戦時代。地政学的に厳しいポジションに立つ我が国の外交や防衛は難しさを増すのだろうと、かすむ西の空を見上げて、飛んでくる黄砂にすら恨めしさを感じます。

 緊急事態宣言の部分的な解除が明日にも行われそうですが、私たちの神奈川県はどんなことになるのか、気になるところです。いかなる形になるにせよ、感染拡大の第二波に備えた対応は手を緩めることができず、その大切なポイントは「クラスター(集団感染)」の防止にあると私は思っています。韓国ではナイトクラブ、北海道では高齢者施設など、感染拡大の第二波はクラスターの形で小さな爆発をし、その感染者が家族や立ち入り先で感染を拡大させ・・その先の感染経路が見えなくなっていく。こうした事態を防ぐことが重要だと思うのです。これまでクラスターが発生したケースを検証し、今後もそうした場に対して、ナイトクラブなら自粛の要請、高齢者施設なら防御態勢の強化などを続ける必要があります。また、人が集まるイベントなどではクラスターが発生した際に、そこに居た人がだれなのかを確認することが二次感染を予防するために重要であり、そのために参加者には氏名等を登録して頂く取り組みも必要ではないかと思います。

 昨日、統制型国家なんてことを書きました。私たちの国をそんな国にしたいとは絶対に思いません。ただ、マイナンバーくらいは全国民が登録するようにすべきではないでしょうか。

 明日の議会に向けて、今日も準備を怠らず。

posted by おさだ at 09:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
国内における第二波を警戒するのは当たり前ですけど、中国との交易は今の段階では止めて欲しい。感染者数が少ない国々から必要最小限の食糧等の輸入なら理解できるけど、なんであのウィルス発祥の中国、しかも武漢から物資を受け入れる必要があるんでしょうかね?記事のよると・・・
「同日積載された貨物には今必要とされるマスクなどの防疫物資のほか」
・・・だそうな(笑)
https://news.infoseek.co.jp/article/recordchina_RC_804804/

寄りによって武漢から「マスク」って、何の冗談なんだろう?大阪大丈夫か?
Posted by suetsugu at 2020年05月14日 23:22
“第二派”ではなく、”第二波”ではないでしょうか?
Posted by at 2020年05月24日 23:13
ありがとうございました。訂正致しました。
Posted by 長田進治 at 2020年05月25日 07:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187484953
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック