2020年06月24日

厚顔無恥

 あれは平成7年のことでした。私たちの海老名市政を根幹から揺るがすような事件があった事、改めて思い出しています。市長選挙に当選した陣営による選挙違反事件は多くの逮捕者を出し、警察による取り調べを受けた市民の数は数百人にのぼったと記憶しています。あの出来事で多くの政治関係者が深く反省し、二度と選挙違反のようなことはしないと心に誓ったものです。そしてその年、私は29歳で市議会議員に初当選しました。

 でも・・時が経つと人はあれほど深く負った傷でも忘れてしまう。

 そう感じさせられたのは去年の県議選のこと。私も候補者ですから、色々と批判されることもありましたが、その中に「長田は盆踊りに来ても祝儀も包んでこない」という批判がありました。政治家が盆踊りのような行事に現金を持参するのは明確に公選法違反だから、それができないのは当然ですが、あの平成7年の選挙で痛い目にあったような人が、知っていてそれを言う・・。
 選挙違反の病理というのはこういうものか・・と、この批判にはほとほと嫌気のさす思いが致しました。

 大がかりな選挙違反容疑で、河井克行元法相とその妻安里氏が逮捕されています。広島では多くの県議会議員や首長などが現金を受け取ったと報道され、この地方の政治はこの先当分の間機能しないのではないでしょうか。それにしても・・事ここに及んでも夫は衆議院議員、妻は参議院議員を辞職しようとしない、その厚顔無恥な様に、発すべき言葉もみつかりません。

posted by おさだ at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187628881
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック