2020年07月18日

出るのはため息ばかり・・・

 医師と予算の不足は深刻で・・本当にこの国の医療はどうなってしまうのかと、コロナばかりに目を奪われているうちに、日本の医療がダメになってしまうのではないかと心配になります。
意見交換会(7月15日).jpg
 厚木の七沢にある神奈川リハビリテーション病院。この病院を利用されている方たちと一緒に、県や病院長との意見交換会を行いました。内科医の不足、耳鼻科医の不足、施設はあるものの稼働できないままの透析治療など、県立の病院でありながら、医療の供給体制もままならない現実。そのうえ雨よけの無い正面玄関。草だらけのグラウンド。音声案内の無いエレベーター。あまりにもさびれた職員寮・・・。150億円もの予算を投じて建て替えた病院であるにも関わらず、利用者の皆さんから出されるご意見には、この国の厳しい医療の現実と充分でない県予算の現実を思い知らされます。

 新型コロナの感染も第二波が寄せていると認識して良いのでしょう。神奈川県は警戒アラートを発動しました。ただ、国が緊急事態宣言を発出した時のような、外出の自粛要請や学校の休業が行われるわけではありませんので、そこは誤解の無いようにお願いします。

 降り続く雨・・公務の無い週末・・出るのはため息ばかり・・いやいやそんなことではいけませんね。


 
posted by おさだ at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187707339
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック