2020年08月09日

いきみたま

 お盆休みの時期となりました。先日わが家の菩提寺では「お施餓鬼」が行われていました。
 一般に人が亡くなった後、最初にやってくる盆を新盆(にいぼん)と言いますが、うちの場合、父が亡くなってまだ49日が過ぎておらず、つまりまだ父は来世に旅立っていないとこから、新盆は来年という事になるそうです。

 ま、身内の話はともかくとして、全国で新型ウイルスの感染が拡大する中で、盆休みの帰省については自粛要請はしたいが、それをすれば経済が冷え込んでしまうと、その狭間に悩む政府と、特措法で現場の責任を負わされた格好の都道府県知事との立場の違いが明らかになっています。これを国民から見る、とやはり我が国全体の統治機能が乱れているように見えてしまうのではないかと、心配になります。

 盆はご先祖様の御霊が帰って来るという事ですが、併せて今を生きている親族などの人々、これを「いきみたま」と言うそうですが、このいきみたまが集まり、互いに交流をすることも大切なことだとされているそうです。
 帰省ばかりではなく、私も例年なら昨日、今日あたりは盆踊りの会場をはしごして市民の皆様と交流しているはずですが、今年は残念なことに市内においてはただの一件も盆踊りが行われるという話は聞きません。
 しかし、これも現在の感染状況では仕方のないこと。無くして初めて気づくものもある・・そう思って今年はこの特別な夏を記憶にとどめ、やがて災厄が治まったときに「ああ、やはり普通の日常がありがたい」そう思えるようにするしかありませんね。

posted by おさだ at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187787798
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック