2020年08月13日

ポスト安倍

 昨夕は、北西方からの遠雷と共に雨雲がやって来て、パラパラとした雨を半時ほど降らせました。
 6月、7月は倦むほどに濡れきった長梅雨でしたが、それが明けるとまるで野球の攻守が入れ替わるように照り続き。昨日の雨はわずかでしたが、それでも生き物にとっては良いお湿りだったのではないでしょうか。

 さて、秋には総選挙・・と、私は予想していますが、政界もおそらくこれに向けてでしょう、様々な動きが表に出ています。野党の結集はいよいよ国民民主党の分党という形で進みそうですし、自民党内もポスト安倍をめぐって、岸田は平時の駒だ、だとか、コロナ危機だから菅とか・・河野の目が急浮上・・いやいやコロナで注目の西村か、スリーAと言われた安倍、麻生、甘利の下で実力を付けた茂木・・なんて様々な話が出ています。こうして見れば自民党もなかなか多士済々ですし、神奈川の自民党に身を置く私としては県内から菅、河野と二人も名前が挙がっていることをうれしく思います。
 それで・・この総理選びについて私は思うのですが、目先の政権維持のために国民的な人気にばかり重きを置いて、かつての小泉政権のような轍を踏むようなことは避けて欲しいと。小泉さんの政権運営が悪かったと言うのではありません。小泉純一郎という個人のキャラクターに寄ってすがる政治ではその後が続かなかったということ。小泉退陣後、安倍、福田、麻生と、確かその順番だったと思いますが、それぞれ実に短命のうちに終わり、民主党に政権を奪われた過去があります。それを振り返れば同じような失敗を繰り返さないようにすることが大事だと思うのです。

 コロナ禍による経済的なダメージは大きく、この先は景気や財政の面で厳しい時がやって来そうです。また米中の摩擦は一層激化し国際社会も安定を欠き、我が国も難しい選択を迫られる時代に入って行くのでしょう。そうした中でどういう人を総理大臣に選んでいくか、実は今、この夏がとても重要な時期だと私は思います。

posted by おさだ at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187800466
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック