2020年09月22日

まさか

 人生には三つの坂がある・・・登り坂、下り坂・・そして、まさか。
 坂の多い街、座間で行われた市長選挙は、安定した市政運営を12年続けて来た現職の候補が新人に敗れる結果となりました。私も政治の世界に生きて33年になりますが、選挙には時々こういう事が起きるもの。甘利代議士の選挙でもまさかの敗戦を経験しましたし、かつて伊勢原市で現職市長が女性候補に敗れたときも現場に立ち会っていました。古くは参院選の斉藤文夫氏・・。敗者の顔を見るたび、私は「なんて恐ろしい世界に身を置いているのだろう・・」と、身の震える思いになります。
「鉛を飲み込んだような体で・・」と甘利代議士が落選のショックを口にしたことがあります。遠藤市長も今ころはどんな心境か・・と思うと気の毒で、かけてあげられる言葉も見つかりません。

 いずれの結果にせよ、市民の選択した結果ですから受け止めて、政治行政を進めて行く良識を持たなければなりませんね。

 こんなとき、口ずさむ歌があります。

 水戸黄門
 人生楽ありゃ苦もあるさ
 涙のあとには虹も出る
 歩いてゆくんだしっかりと
 自分の道を踏みしめて

posted by おさだ at 09:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
私は、国政では自民党の考え方に賛成ですが、県政・市政と下がって(?)くるにつれて「自民党でなければ」という意識が低くなります。
また首長と議員でも違います。
私も何度かお話したことがありますが、新座間市長さんは、市会議員時代は本当に市民の声を聴かれていたと思います。前回の市会議員選挙でもトップ当選でしたから、市民もよく知っているのだと思います。
そういうこともあって今度の結果になったのだと思いますが、議員ではなく首長としてはまたいろいろ難しい面も出てくるはずです。
それにしても、座間は知りませんが海老名の市議会はなんだか大政翼賛的な感じがします。
Posted by 金岡 at 2020年09月27日 14:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187949127
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック