2020年11月20日

人事院勧告

 さすがに季節は立冬、日が短くなりましたね。
 でも、昨夜からまるで5月ごろのような暖かな風が吹いています。そのせいか昨夜の夢見はひどいもので、稲の植えられたふるさとの田んぼを私はバシャバシャと走っているのですが、気が付くとまわりに、あのガラパゴス島にいるような巨大なトカゲが何匹も!・・・というもの。昨夜の暖かさと寝苦しさが、睡眠中の脳に温暖化のイメージを与えたのかもしれません。ただ、それにしてもこの夢は鮮明な映像で、しかもCGでも作れないような構成。人の脳というのは本当にクリエイティブな能力をもったものだなと、夜中に目覚めながら思いました。

 昨日は議会運営委員会。このほどの人事院勧告により、県の職員の期末手当を引き下げるべきだという勧告がありました。今後は月々の給与についても同様な勧告が出されるものと思います。現下のコロナ禍とそれによる民間経済のダメージを鑑みれば、我々議員も含めて公務員の報酬を減らすのは当然のこと。来週から始まる議会はこうした事も含め、改めてコロナ対策の補正予算について集中的に審議することになると思います。

posted by おさだ at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188141843
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック