2020年12月14日

討ち入り

 今日は忠臣蔵討ち入りの日。今年も高輪の泉岳寺は参詣の人でにぎわうのでしょうか・・。まぁ吉良上野介もそうですが、田沼意次しかり、井伊直弼しかり、歴史に悪名を着せられた人は気の毒なことで、世の中そんなに一方的にどちらかが悪いなんて話はそうそう無いだろうと思うのですが。正義をより美しく語り継ぐために、悪をより悪に染めあげる筋書きが必要、ということですかね。

 週末は地元を回って要望をお受けしておりました。
 その一つ、狭いうえに電柱が置かれた歩道。危険なのは一目瞭然。
IMG_8182.jpg
 県道のことですので、今日土木事務所に連絡して電柱を管理する東京電力と掛け合って、何か対処できないか相談してみます。

posted by おさだ at 07:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
田沼意次はケインズ的な経済拡張政策を実施した人で、自然災害や凶作などの不運が無ければ、この人の政策が江戸時代の米本位制から近代的資本制への脱却がもっと早い段階で出来たかも知れませんね。その意味では私は高く評価しています。

そう言えば現代もマスコミから悪人扱いされている人がいますよね。安倍前総理とか、トランプ大統領とか。
私はマスコミの「時代と真実は俺たちが造っているんだ」的な態度が大嫌いですw
Posted by Suetsugu at 2020年12月16日 22:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188216720
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック