2021年06月10日

ゾウとネズミ

 ゾウとネズミは同じ時間を生きているだろうか・・ということを考えるときがあります。ゾウが一歩を踏み出す時間の中でネズミは何十歩も歩き、像が一口の食べ物を口に入れて飲み込むまでに、ネズミは食事を終えている・・としたら、ゾウが感じる一日の時間とネズミが感じる一日の時間はまったく違うはずで、同じ一日でもネズミはゾウよりもはるかに長い時間を生きている実感があるのではないか・・なんてことを。

 50才を過ぎたくらいからかな・・。時間に対する感覚が少し変わって来たような気がします。若いころは、米国大統領だって私だって一日に与えられた時間は24時間で同じなのだから、いかにその時間を有効に生きるかで人生は決まる・・なんて思っていましたが、最近ではネズミのように生きるばかりが価値ではないよな・・と。

 今日は「時の記念日」
 55才の私が普通に生きれば、残りの人生30年。だいたい一万日・・か。時間に少しゆとりをもちながら生きていきたいものです。

posted by おさだ at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188746660
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック