2021年06月17日

まん防は柔軟な運用を

 どしーん、と胸に来た・・とでも言いますか、分かってはいたことですが、神奈川のまん延防止措置は来月11日まで延長するという政府の判断。
「我慢も限界」という声が最近では飲食店経営者だけではなく、飲食店の利用者から聞こえてくるようになっている中、危惧するのは政府や県が自粛を要請してもこれを無視されて、あちこちで酒場が繁盛するようなことが常態化し歯止めが利かなくなってしまうこと。そうなったら法治国家としての我が国の基盤は崩壊する・・とは私の杞憂、だとは思うのですが。

 今日正式に決まる政府の決定を受けて、21日以降の対応を協議する神奈川県の思考として大事なことは、まん延防止措置が継続されても、実際の自粛要請の内容や適用のエリアは県の判断で柔軟に運用し得るということ。
 まずは適用エリアを現在の20市町から感染状況を勘案して縮小することができるかということについて検討すること。そして自粛要請についても酒類の全面的な提供自粛を部分的に解除できるか検討すること。とりわけ協力金の支給対象ではない店舗については解除について検討の必要があること。次に時短の要請を何時までにするか。そしてマスク会食などの感染防止に徹底して取り組んでいる店舗には要請内容を緩和することができるか。
 エリアと要請内容というオプションを柔軟に組み合わせ、時間軸についても来月11日までと決めずに適宜感染状況をチェックして、要請を緩めるとこもすれば、厳しくもする。そうしたことで県民が「きちっと協力すれば感染も防止できるし、制約も緩む」というプラス思考を持てるようにすることが大事だと私は思います。もちろん情報の周知や協力金の支払い事務など行政事務の煩雑化は避けられないことにはなりますが。

 こんなことを書いているうちに読売の朝刊では早くも神奈川県が適用エリアを大幅に縮小すると書いています。
https://www.yomiuri.co.jp/local/kanagawa/news/20210616-OYTNT50164/
 まあ、気忙しくこんな記事を書く会社もあるということで、議会としては行政側との協議をしっかりとして、これから週末にかかって行きますので、たとえそれが休日の日曜日にかかろうとも会議を招集して速やかに議決という県民合意を形にする事が任務。今日から木、金、土、日・・。議会日程をにらみながらの対応となります。

posted by おさだ at 06:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188766149
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック