2021年07月29日

憂い

 昨日は亡き父の命日(一周忌)でした。
 実家へ線香をあげに行ったところ庭に小さなヘビが・・・全長50センチほどの小さなジムグリで、よくこんなときに死者の霊が生き物に宿ってやって来たような気になりますが、小さな舌をペロリと出す様子を見て、生前の父も何かに興味を示したときに下唇をなめるクセがあったな・・・と。そんなわけで、命日の来客を追い払うわけにもいかず、そっとしておいたらいつの間にか姿を消していました。

 いよいよ県内の一日の新型コロナ感染者数が千人を超え始め、事態は深刻と言うべき状況になっています。昨日までに緊急事態宣言の発出に向けて千葉県、埼玉県、そして政府との調整を行っており、早晩政府の対策会議においてその手続きが進むことでしょう。
 ただ、緊急事態宣言だからと言って、現在の飲食店での酒類の提供停止や時短営業以外に出来る対策は限られており、その成果は「緊急事態だから気を付けよう!」という人々の警戒心の高まりに期待するしかない、というのが現実。従って逆の意味では、オリンピックを開催しているから、人々の気持ちに緩みが生じて行動に歯止めがかからなくなっているという指摘は外れてはいないと思われます。
 さりとて、盛んに競技が行われているオリンピックを止めるわけにはいかず、政府や自治体の悩ましさはまさに極まれり。
 私もこんな内容の日記を書いていながら・・・どんなふうに締めくくって良いか‥分からなくなっています。

posted by おさだ at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188879982
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック