2021年09月10日

リモート授業

 昨日の県内感染者は804人。三ケタに落ち着いてきて、いやいやまだまだ安心してはいけないよと思いつつも、やはり個人的には少しホッとしてはいます。でも感染対策はまだまだこれからですね。
 昨日の県の対策会議を受けて今日は本会議を開き、関連予算を審議します。私が担当する文教部門については県立学校における分散登校など、13日以降もこれまでのやり方をそのまま継続する考えだということ。また、新学期以降生徒の感染が急激に増えるとか、クラスターが多発するような事態にはなっていないという報告を受けていますので、学びを守るという観点からもしばらくはこの状態を注意深く続けて行くことが肝要と考えています。

 その学びを守るという点で大切なのがリモートによる授業の充実。そこで一昨日、県立高校で行われているリモート授業についていくつか見学させて頂きました。事前に何枚ものボードを用意し、大事なポイントになるとボードを示して分かりやすく授業実を進める先生がいます。あるいはあらかじめホワイトホードに授業内容を書き込んでおいて、必要な部分を指し示しながら授業を進める先生もいます。そしてひたすら熱血にしゃべり倒す先生もいます。面白かったのは音楽の授業。一人の先生が先生役でピアノを弾き、もう一人の先生が生徒の役になって、先生役の指導に沿って歌唱の授業を進めていました。
 危機の中で先生たちも一生懸命やってくれているんだな・・と、感心させられました。すべての学校のすべての授業でこうしたことが行われているなら、週に一日ないし二日しか登校できない高校生の学びもかなり守られているのだろうな・・・そんな感想を持ちました。

 午後1時、県議会は午前中に提案された議案を関係常任委員会に割り振り、これから審議に入ります。すべての審議を終えて、再び本会議を開いて、各会派の討論を経て採決するのは午後・・・10時くらいかな。
posted by おさだ at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188986118
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック