2021年10月20日

総選挙

 松坂大輔投手が昨日最後の登板をして、これで引退だそうですね。横浜高校の後輩選手に投げた渾身の投球も球速は118km。少年野球なみのところまで落ちていたとのこと。あの甲子園でのPL学園との延長17回の熱投は今でも鮮明に思い出されます。本当にお疲れ様でした。

 さて、昨日から衆議院議員選挙が始まりました。
 私たちがコロナ禍からどのようにして脱却して元の生活を取り戻し、併せて新しい生活様式を手に入れていくのか。あるいは昨日も北朝鮮がミサイルを日本海に向けて発射し、一昨日は中国とロシアロシアの艦船が10隻も津軽海峡を堂々と通過するなど、極東アジアの国際関係が緊迫化する中で、どうやって国の安全を守って行くのか。そうした我が国のありようを決める大切な選挙だと私は思います。

 少なくとも、主要先進7か国・G7の中で、共産党が政権に参加している国はありません。

 仮に日本共産党を含む野党連合が政権を握った時に、どのような基幹政策をとるか分かりませんが、少なくとも世界の国々が我が国を見る目は大きく変わることになるでしょう。例えば安全保障ではアメリカを始め西側諸国の態度に変化が現れるでしょう。通商戦略でもTPPに中国がずかずかと踏み込んでくるようなことになりかねません。あるいは外国企業や資本家が国内投資から手を引いて行くなどの事態も考えられます。

 自民党という政党や、私が支援する甘利明という人に対する評価は皆さん様々だと思います。とりわけ財務省で行われた改ざん問題は政権の心臓に刺さったトゲのようなものですし、5年前に甘利さんの秘書が犯した過ちも蒸し返され、新政権の足元をすくいます。

 しかし、それでも私は上記のような内政、外交の諸情勢に鑑みて、自民党による政権の維持を望みます。

posted by おさだ at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189078374
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック