2022年01月10日

批判を恐れず決断すべきではないか。

 政府関係者から非公式に聞いた話ですから、あくまでも情報というか、文責は持てない話ですが、〇〇総研などと名の付くシンクタンクでは、現在の新型コロナウイルスの感染拡大について、このまま無症状者やその濃厚接触者に長時間の自宅待機を求めていたら、医療や介護などの職場に出勤できない人が増えて、病院にコロナ患者はさほどに入院していないのに、スタッフが足りずに一般医療が崩壊する事態に陥ると予測を立て、政府に対して積極的疫学調査などの検査行為をやめて、症状が出た人のみを対象とした医療に切り替えるべきだと提言しているそうです。
 確かに、医療などに限らず、金融や交通機関、電気などのエメルギー供給、あるいは行政機関などで出勤できない人が極端に増えて、現場が動かせなくなるようなことが起きれば、まさに意図せぬロックダウンが発生し、派生する買占めなどによって、全国で燃料が手に入らない、食料が店頭から消えるなど国民生活が深刻な事態に陥ることも考えられます。すぐに手を打たないと手遅れになる!と、シンクタンクは政府に強い警告を発していると聞きました。
 考えれば、すでに感染者が急拡大している欧米諸国からは感染者の増加は聞こえて来るものの、都市封鎖などの強硬な手段がとられているというニュースは聞こえてきません。
 重症者が少ないオミクロン株が従来のデルタ株に置き換わった時点で、私もこうした考えは必要だと考えています。いきなり第5類指定(コロナ感染者がインフルエンザや風邪と同様に普通に病院で診察を受けられる状態)というのは無理でも、時系列を追ってそこへ対策を近づけていく知恵と勇気が今の政府に求められるのではないでしょうか。もちろんどの対策を取るにせよ感染する人も、不幸にして亡くなる方もいるでしょう。その責任を追及されることを恐れ、政治がみずからの安全を優先して従来通りの対策を続けるのであれば、後の世において愚政のそしりを逃れられない。と、私は思います。

posted by おさだ at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189260963
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック