2022年02月04日

希望的観測はNG

 恵方巻というものがいつのまにやら日本の風習になっていて、我が家でも昨夜は家族で北北西を向いて食べましたよ。ばらけ落ちる具材に四苦八苦しながら「俺が若い頃にはこんな風習は無かったけどなぁ」と言うと息子はびっくりして「そうなの?」と。それで早速ググってみると大手コンビニチェーンが花柳界など、一部の人たちに伝わっていた風習を元に、関西地方で太巻きに「恵方巻」という名を付けて売り出したところ人気に火が付き、今に至っているとのこと。菓子メーカーが仕掛けたバレンタインのチョコレートと一緒ですね。
 ただ、一時的にせよこれで低迷する米の消費が上がり、コロナで苦戦している飲食店の持ち帰りの売り上げが伸びれば、多少はご利益という事でしょうか。

 さて、県議会は来週から始まる予算議会に向けて今日、議会運営委員会を開催します。まん延防止措置は当面延長するという政府の方針ですが、ウイルスが感染力が強く毒性の少ないオミクロンになってから、飲食店の時短など国民に行動抑制を求めることにどの程度の効果があるのか? 正直言って専門家にも「わからない」んじゃないですかね・・。そういう中でどんな対策をとって行くのか、難しい局面となっています。ただ、だれが何の根拠で言うのか「ピークアウトが近い」と。そういう希望的観測はこれまでことごとく打ち破られてきたことを忘れてはいけない気がします。

 では、行ってきます。


 
posted by おさだ at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189314326
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック