2022年02月07日

受験生にとって大切なとき

 それにしても衝撃的な数字ですが、新型コロナウイルスによって7名の死者が出た横浜市内の老健施設。118人の入所者のうち116人が感染しているという今朝の新聞報道。感染力の強いオミクロン株に更に感染力を増したステルス型と呼ばれる派生型が出現しているとのこと。

 とにかく心配なのは受験シーズンを迎えている受験生のこと。ここへ来て学級閉鎖や学年閉鎖、そして学校閉鎖などが急増しています。試験を前に学校へ行って先生のアドバイスを受けたり、友達と不安な気持ちを分かち合うなど、人生最初の試練に向かって行く子供たちを包み込む学校という場が閉鎖されるのはなんとしても避けたいこと。今神奈川県と教育委員会は教育現場における学級閉鎖などの基準を国のものよりも緩和して、極力学びの場を閉じない方向で議論を進めています。大変勇気の要る決断を迫られているという事だと思います。これを実施して子供たちの学びを守る、でもそこで感染が拡大した場合の責任ということを考えないわけにはいきません。私個人としてはその責任を教育委員会だけに負わすわけにはいかないと思います。つまり議会イコール県民の代表としてもその責任を分かち合うことができないものだろうかと。

posted by おさだ at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189320808
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック