2022年05月31日

海老名に80の病床を確保

 湘陽かしわ台病院のリハビリ病棟が完成し、6月1日から開業するのを前に現地を視察させて頂きました。
IMG_0272.jpgIMG_0289.jpgIMG_0286.jpg
 病院や病床というものはどこにでも自由に作って良いものではなく、この地域に病院はどれくらい必要で、病床はいくつ作って良いか・・・といったことは県の保健医療計画によって決められています。ところが神奈川の県央地域は人口に対する病床数が不足している・・・これが数年前の話で県議会でもこの問題を取り上げて来ました。そこで特に不足している回復期のリハビリ専門の病床を確保しようと県や地元医師会の皆様が努力された結果、湘陽かしわ台病院さんがこの病棟を開設しようと決断して下さり、80の病床を海老名に確保することができました。

 コロナ禍も続く中で静かな船出となりましたが、脳梗塞などの病気で身体が麻痺してしまった人たちが、ここでリハビリを受けて機能を回復して行って頂きたいと願います。

posted by おさだ at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189570283
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック