2022年09月11日

ウィズコロナは政治の責任

 9月11日と言えばニューヨークで同時多発テロが発生した日ですね。あれからアメリカは中東問題に傾注し、反米勢力との終わりなき戦いに入って行きます。そしてその間、民主化の糸口をつかもうとしていた中国へのコミットメントがおろそかになり、21年の時間の中で、中国は欧米流の自由や民主主義の通じない大国となってしまいまったわけで、これは歴史の教訓としなければなりません。

 さて、昨日は久しぶりに人が集まるイベントが行われました。大型マンションの中庭で3年ぶりに行われた夏祭りには多くの人が集まり、フラダンスや盆踊りなど多彩な催しがあり、これまで失っていたあたりまえの日常を束の間取り戻せた喜びに浸ることができました。
IMG_0685.jpg
 新型コロナの感染拡大第7波は落ち着き始めていますが、第8波もやって来ることでしょう。その時に感染者の数ばかりに目を奪われず、社会活動を維持するウィズコロナの社会体制を作れるかは、政治家の責任次第。当然リスクは伴いますが、政治家に責任を負う覚悟が無ければ、いつまでもいつまでもこの状況が続くことになってしまいます。
 
posted by おさだ at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189804929
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック