2008年09月11日

醜態

 どうやら人間という生き物は経験に学ぶことのできる生き物らしい。ただその学び方に問題があると思うのだが・・・

 農薬などが検出された事故米を食用として故意に出荷した会社の社長は記者会見で素直に事実を認めた。これまで食品偽装事件で苦しい言い訳をして醜態をさらし、マスコミの集中砲火を浴びた社長たちの会見を見て学んだのだろうか、こういうときは潔く罪を認めた方が格好いいと。それにしても社員を全員解雇とは、まさに恐れ入った、嘘をついてもがきふためいても会社の存続を計ろうとした社長の方がなんだか立派なようにも思えてくる。

 ロシア人力士の大麻疑惑ではいかめしい顔の親方が「本人がやってないって言ってるんだから信じてやるのが親方の務めでしょう!」と・・・これも朝青龍問題で揺れた一連の事件報道に学ぶところだろうか?前代未聞の角界麻薬事件がなんだか師弟愛みたいな話になっちゃってマスコミも意表をつかれて返す言葉が無い・・・

 学ぶところが違うと思うのだが、こうしてマイクを向けられる方も利巧になってくると本当に何が何やら分からない世の中になってくる。
posted by おさだ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19122258

この記事へのトラックバック