2008年11月05日

もしものことが無ければいいが

 子どもの頃観たルーツという映画の衝撃は今でも脳裡に浮かぶ。K.K.Kの白装束の集団の恐ろしかったこと・・・

 自由の国アメリカは同時に人種差別の激しい国でもある。ダラスで射殺されたJ.F.K(ジョン、フィチランド、ケネディー)の事件も根底に人種差別がある。

 今日中にアメリカの新大統領が決まる。オバマ氏の当選は確実な情勢であり、アメリカにとって初となる黒人大統領誕生は歴史的な出来事となる。

 ただただ気がかりなのは彼の身の安全である。

 世界における米国のプレゼンス(存在感)からすればそれは米国一国の問題ではすまない。万が一のことでもあればその影響は世界同時金融危機以上のものにりなりかねない。
posted by おさだ at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22434413

この記事へのトラックバック