2009年07月15日

自民党

 衆議院の解散をめぐる自民党内の動きについて、やはり私も何らかのコメントをしなければと朝から半日考え続けてみたものの・・どうにも何と言ったらよいのか言葉が見つかりません。

 あるとすれば、こんなときになると「俺は前から自民党はダメたと思ってた。」なんて言い出す調子のいい政治家がいるけれど・・せめてそんなふうではありたくない。と、そんことを思っています。

 白虎隊の若者は、飯盛山からお城が焼けるのを見て死を覚悟した。自民党の政治家にはせめて誇りとプライドを失わないで欲しい。
posted by おさだ at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30561124

この記事へのトラックバック