2009年08月13日

それでも本は読む

 政治決戦に向けて忙殺される日々・・・なかなか日記が書けず申し訳ありません。

 多忙な日々ではありますが、それでも少しずつでも本は読みます。今は話題の村上春樹、1Q84を読んでいます。なかなかおもしろい物語ですよ。

 先日、夏休みの読書感想文を書くための本を探しに行くと言う次男(中一)に付き合って本屋へ行きました。書店が夏休みの学生向けに薦める良書には三島由紀夫、太宰治、川端康成・・・色々有りますが、私はその中から自分もかつて読んだ星新一の「ボッコちゃん」を手に取り、懐かしいセンテンスを確認してから息子に薦めました。

 3日後、5日後・・・リビングに置いてあるその本のしおりの位置が少しずつ進むをの見てうれしく思ったりもする・・2009年の盛夏です。夏の読書には風鈴の音がよく似合う・・・
posted by おさだ at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31265724

この記事へのトラックバック