2009年09月01日

新政権へ

 選挙から一夜明けた昨日、つぶれてしまった声で支援者へお礼の電話をかけたが、昨日までと同じ口がしゃべっているのか?と思うほどろれつが回らない・・

 深い反省と自律をもって一から出直しを図らねばならない自民党。私はその先駆けとなって働けるよう頑張りたいと思う。

 永いことこの国の政権を担ってきた自民党と民主党政権との大きな違いであり、新政権の使命は“政治主導の行政運営”であり“官僚との適正な距離”ということになるであろう。あまりにも永く続いた自民党一党による政権は官僚組織と癒着し、本来国民の選択のもとに政治が意思決定しなければならないことを行政にゆだね過ぎてしまった。そのことに怒りを感ずる自民党議員も居たが、すでに出来上がってしまっているシガラミの構図に多くはあらがうことができなかった。

 確かに近代国家における行政の仕事は複雑で難解、そして責任が重い。東大法学部を出た頭の良い人たちばかりが牛耳っている中央官庁の仕事を専門家でもない、むしろのぼり旗一本立てて選挙を勝ち抜いたり、台所の声を政治に生かそう!なんていう主婦がコントロールして行こうというのだからこれは大変なこと。高度成長の時代には田中角栄のようなドスの効いた人物が現れて「よっしゃよっしゃ責任は全部俺が背負うから君たちは思いっきり仕事をしたまえ。」と気前よく丸投げして役人の奮起を促す手法も通用したが、財政の厳しい今の時代にそれはありえない。

 民主党政権には政治主導の行政を実現してもらいたいと期待している。ただ、神奈川県議会での様子を見る限りでは、役人に質問の原稿を作らせて読み上げている議員も見受けられるのが素人集団民主党の現状(もちろん自民党にもいないわけではないが・・)その姿は脱官僚主導を掲げる清新なイメージからはあまりにもかけ離れていると感じることが多い。そしてそれは国政においてもそんなに違わないのではないか・・

 官僚の作り上げた組織は沼のように深く不透明、そして老練。一枚岩のようで実はそうではない。責任回避のためには雲をつかむような組織になり、自己防衛のためには結束する。派閥あり、学歴格差あり、出世争いと足の引っ張り合いもあり、怠惰なようで実はものすごいエネルギーも使命感も持っている。そしてこの国を悪くしようと思って働いている役人はいない。

 毒をもって制するわけにもいくまい。どこまでできるか民主党。
posted by おさだ at 08:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31775190

この記事へのトラックバック

卵巣嚢種癒着剥離手術後、医師の対応への疑問、薬(カバサール)...
Excerpt: 譚先生のアドバイスだけで自然妊娠! 岡山県 T.Kさん (本人の希望により、イニシャル表記にさせて頂きました)
Weblog: 不妊症治療を自宅で改善し妊娠する方法[妊娠成功ガイドブック]譚定長
Tracked: 2009-09-18 10:03