2009年10月19日

厚木土木事務所が綾瀬に出張所

 相模原市の政令市移行に伴いこれまで同市及び大和市、座間市の建築土木行政を管轄してきた相模原土木事務所が廃止され、これまで県が行なっていた業務は新生相模原市が直接行なうこととなりました。

 さて、困ったのは大和市と座間市・・・そのエリアの県の業務をどうしようか・・・そこで、これまで海老名や厚木、綾瀬などの業務を管轄していた厚木土木事務所がこれを吸収することとなったわけですが、あまりにも管轄が広すぎる。大和の人が建築確認の手続き一つのために厚木まで・・あるいは大雨による出水時の警戒その他色々な懸念がありました。

 県ではこの度この厚木土木事務所の管轄を相模川を境に二つに分け、海老名、綾瀬、大和、座間の業務を管轄する出張所のような機能を持った「東部センター(仮称)」を綾瀬市内のこれまで水道局の事業所があった建物内に設置することとしました。

 過日の建設常任委員会で「出張所であっても一通りの手続きについてワンストップで業務の行なえるセンターでなければ困る。つまりこの東部センターへ手続きに行ったら、半分の手続きは厚木へ行け、みたいなことになっては不便極まりない。」といった主張をしてまいりました。

 現在行政内部で事務の仕分けや権限のあり方について作業が進められています。
posted by おさだ at 07:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33013430

この記事へのトラックバック

水道 引越し
Excerpt: 引越し 準備や手続きなどについて
Weblog: 水道 引越し
Tracked: 2010-02-03 00:05