2009年12月21日

アカデミックな一日

qw}[Kbgz[.JPG 昨日はアカデミックな一日で、相模女子大学のキャンパス、マーガレットホールで勉強して参りました。
 テーマはリニア中央新幹線の建設計画について。JR東海のリニア建設にかける思いや国の動向、技術的な面や世界的な鉄道輸送の動きまで、JR東海の執行役員の方や一橋大学の山内教授の講演を聴いてまいりました。

 リニアは時速500kmを超える速度で移動するもので、これは航空機の速度に匹敵します。しかも一度の輸送量は航空機をはるかに上回ります。そして出発地点から目的地に着くまでの間に駅に停車することができる。
 超電導によるリニアの技術は日本独自のもの。それはついに実用の段階まで来ました。中国やEUなど世界各地で新幹線の整備が計画されている中、リニアは私たちの日本がこれから世界に売り出していける技術(商品)の有力な一つとなり得ます。

 新政権が打ち出せない国家経済モデル(経済成長戦略)の有力なアイテムの一つがリニアということ。それをまず私たちの国で実用化することが大事だということです。

 たまに勉強したので・・・ちょっと・・頭がオーバーヒートぎみですが・・
posted by おさだ at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34315480

この記事へのトラックバック