2009年12月23日

中央農高の一部を給食センターへ

 かつて中央農高の生徒たちが寮として使っていた建物が現在は使われなくなり、廃屋となっています。県が所有するこの土地(調整区域)と、逆に海老名市が所有する土地(県の三川公園に隣接する住居地域)などを交換して海老名市がこの中央農高の土地に給食センターを建設しようという計画があります。

 先日県の財産管理課長が来訪し、「海老名市による利用計画が正式に提出されたので交換に応ずる方針ですが、それでよろしいですか。」という投げかけがありました。

 「もちろん、地元海老名市民のためにそうしてあげてください。」と答えました。

 県民の財産と市民の財産を交換するわけですから双方の価値の比較や利用の目的と必要面積などのことが公に照らして公正なものでなければなりません。
 また、中央農高の土地を一部でも手放すわけですから、学校関係者はもとより、卒業生などの皆さんにもご理解頂く努力を私もしなければなりません。行政の事務はこうしたことについて間違いの無いよう、併せてお願いしておきました。

 県職員による公金着服事件について

 県が公金を着服した三人の職員を告訴したが、警察はひとまずこれを受理しなかったと言う。
 県が告訴・・って言うけれど、その県てだれのこと?と疑問に思う。三人だけが個人の意思で一切だれにも知られずやっていた単独的犯行ならそういうことで良さそうだが、個人の意思でそんなことができるのか?もし仮にこれが組織的に行なわれていたことなら、告訴されるべきは“県”というだれだか知らないが、あなたたち(私たち)自身の方じゃないのか?
posted by おさだ at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34347846

この記事へのトラックバック