2010年01月18日

対立の構図からは何も生まれない。

icVS.JPG こんな時はテレビによく出てくる東京地検特捜部のOBは「このまま彼(小沢一郎)が事情聴取に応じないような態度が続けば彼自身の逮捕は100%ありうる。」と言っていたが、どうやら事件はそんな大変な展開になるのだろうか?

 何よりも驚いたのは国家行政のトップたる総理大臣がその行政機関の一部である検察当局と「闘う。」と宣言したこと。昨日になって「そんなつもりじゃなかった。」としおらしくして見せても意味は無いだろう。全国の検察(検事)はもとより警察組織までもがこの発言に震撼し怒っていると昨日会った警察官僚のOBは声を震わせていた。

 時に政治家は自らを善人として美化するために誰かを悪者に仕立てるような言動をする。そういうクセが総体的にあることは否めない。そして最近ではその矛先を役人に向けていいような気になっている政治家がとみに多い。しかし、私は思うのだが、こうした“対立の構図”の中から国民にとって有益なものは生まれてこないのではないか・・・写真は電車の中刷り広告だが・・「永田町VS霞ヶ関 注目の一戦」とだけ大書きした朝日新聞のもの。まさに政治と行政の対立をマスコミも煽るキャンペーンをはってきた。今、その霞ヶ関の役人は完全な「指示待ち」人間と化し、自ら発案し国家のために行動しようという意欲を失ってしまったと聞く。
posted by おさだ at 08:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34808317

この記事へのトラックバック

美少女フィギュア万引の警部(42)を逮捕【ネットを使って中学生でも稼ぐ】
Excerpt: 美少女フィギュア万引の警部(42)を逮捕【ネットを使って中学生でも稼ぐ】
Weblog: ネットを使って中学生でも稼ぐためのブログメルマガアフィリエイト初心者講座
Tracked: 2010-01-18 20:54