2010年04月13日

本当に申し訳ありません。

 今日は朝から仕事も手につかず、このいかんともしがたい精神的な落ち込みからなかなか開放されません。

 自民党県議団で同期同僚の榎並正剛議員が昨夜酒気帯び運転で検挙されたという一報がありました。

 自民党県議団では緊急会議が招集され、同氏の除名処分を決定しました。おそらく彼のことだから近日中に自発的に議員を辞職することでしょう。

 あんなにいいヤツが、なんでそんなこと・・・何事にも積極的で明るくまじめな性格の男に魔が差したとしか思えないのです。と言うより今だ信じられない。

 しかし、やってしまったことの罪はあまりにも大きい。皆さんに本当に申し訳ないと、私も思います。本当に申し訳ありません。こんなことになる前に友達として、もっと何とかしてやることができなかったか・・・いや、弁解の余地は無い。
posted by おさだ at 20:40| Comment(7) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
私も信じたくありません。
本当にいい人だと知っているからです。

まじめで、前向きで
人懐っこくて・・・。

何で、どうして?

たった一度の過ち・・・。

もう取り返すことができないのでしょうか?

私も悔しいし、悲しい。

それでも、彼に一言言えるとしたら
「馬鹿ヤロー」
としか言えないです。

正直言って、切ないです。
Posted by 匿名 at 2010年04月13日 22:26
飲酒運転を魔が差したでは済まされないのではないでしょうか、確信犯です、飲んで乗ったらいけないのですから、40キロ道路を50キロ出てて速度超過で捕まるのとは意味が違います(50キロ出してるの認識してれば別ですが)
辞職が当然ですが、榎並氏が政治に対する情熱があるのなら、再出発すれば良いのではないでしょうか、大変な道のりでしょうけどね
私も榎並氏の人柄等、多少は知っているので非常に残念に思います。
Posted by 神奈川県民 at 2010年04月14日 14:55
飲酒運転を魔が差したでは済まされないのではないでしょうか、確信犯です、飲んで乗ったらいけないのですから、40キロ道路を50キロ出てて速度超過で捕まるのとは意味が違います(50キロ出してるの認識してれば別ですが)
辞職が当然ですが、榎並氏が政治に対する情熱があるのなら、再出発すれば良いのではないでしょうか、大変な道のりでしょうけどね
私も榎並氏の人柄等、多少は知っているので非常に残念に思います。
Posted by 神奈川県民 at 2010年04月14日 14:57
4月15日午前7時25分
これから榎並氏の自宅を訪ねるため自宅を出ます。
本人に会って議員を辞職するよう求める役目です。
辛いが、仕方ない。
Posted by おさだ at 2010年04月15日 07:24
たった一度の過ちではないですよね?5年前にも飲酒
免停、自損事故起こしているじゃないですか・・・

>何事にも積極的で明るくまじめな性格の男に魔が差したとしか思えないのです。

↑なんでこのような方が、自己管理が出来ないでしょうか?政治云々よりまず自分じゃないですか?

お酒の席で同席していた方は、タクシーに乗せ見送ったと新聞で読みました。同席していた方、気の毒ですね
Posted by 保土ヶ谷区民 at 2010年04月15日 15:24
はじめまして、アメブロでブログをしていますさとしと申します。
いい人と飲酒運転は連動はしません。
かくいう自分も若かりし日に飲酒運転をしたときがあります。
もちろん飲酒運転するに当たって自分なりに基準は設けてました。
経験からするとこの議員は常習犯でしょう。
立場上、上になればしていいこととしていけないことがあると思います。
議員という職を選んだ以上魔が差したでは許されないでしょう。
飲酒運転の厳罰化が厳しい昨今、飲酒運転をする自体議員として資質にかけているといっていいと思います。
大きな事故にならなかったことを喜ぶべきでしょう。
心中察します。
Posted by さとし at 2010年04月17日 10:47
皆さんのおっしゃるとおりです。
同情を口にする私の方が間違っています。
間違いなく間違っている。

今日はとある自治会の懇親会で私がスピーチをしようとしたとたん「県会議員の飲酒運転のことをまずは謝れ!」とヤジが飛びました。

もちろんこのことで私がその人に謝りなどしないが、しかし政治に対する怒りや失望は期待もあればこそ・・・と思えばやはりつらい。
Posted by おさだ at 2010年04月17日 23:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37078124

この記事へのトラックバック