2010年05月19日

拍手もせず

 昨日県議会が開会。これから7月7日までの長丁場の議会となる。改選期の議会なのでさし当たっては議長を筆頭とする役職を決める作業が行なわれる。私にもそれなりの端役が回ってこようが、来年4月に選挙が迫っているので、できれば忙しい役職は避けたい・・・というのが私の本音・・だが、なかなかそうもいかない様子。

 昨日は本会議に続いて永い間議員として在職した人に対する表彰が行なわれた。筆頭は40年在職の山田吉三郎議員。
 さて、15年の表彰を受けた人(つまり4期生)の中に今回民主党を離党した議員がいた。通例こうしたお祝いの場ではだれが表彰されても全議員が等しく拍手を送るものだが、さすがに昨日はこの議員の表彰に対して民主党議員一同の手が止まった・・・全員等しく無視をする・・つまりそう申し合わせた党としての意思表示なのだろう。15年も議員を経験して、こういう日を迎えるとは・・・
 他人事ながら、ときにジワリと議場を湿らす怨讐の風に身のすくむ想いもする。

 進二郎は天才・・・

 ところで話は別だが、一昨日桜木町で行なった街頭演説のことについて、昨日は同僚の議員と話題になる。「やはりあの小泉進二郎という青年は少なくともその表現力を見る限り天才的な素質を持った政治家に思える。」という意見で多くが一致する。二世三世の世襲議員なんてくそくらえだ!と日頃思っている自分も実は内心でうなづいている。願わくはこのまま大成して欲しい。
posted by おさだ at 08:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38260919

この記事へのトラックバック

在職証明書 様式/書式/書き方
Excerpt: 在職証明書 様式/書式/書き方についての情報です。
Weblog: 在職証明書 様式/書式/書き方
Tracked: 2010-06-04 17:09