2010年06月17日

拉致問題を風化させない

cv.JPG 北朝鮮による日本人拉致問題。ここのところ国政のていたらくもあり、日本と北朝鮮との拉致問題はすっかり没交渉となってしまっている。

 絶対に許せないこの蛮行を主権国家としてただすため、またそのことを地方議会からもしっかりと求めていくため、神奈川県議会には「北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川県議会有志の会」があり私もメンバーとして活動している。

 一昨日この会の主催によって川崎市に在住の横田滋、早紀江夫妻の講演を行なった。あわせて横田めぐみさんの拉致事件を映像化した「アニメめぐみ」の上映会も実施した。横田夫妻は「当時のことを思い出し、あまりにも辛くて見ることはできません。」と上映会は席をはずされた。

 中学二年のかわいい娘がある日突然いなくなる。そのショックや悲しみを想像するだけでも辛いが、更にそれが他の国による拉致だと知ったら、人はどんな気持ちになるのだろう・・・日本政府は17名の人を北朝鮮による拉致被害者と認定しているが、更に多くの人々が拉致被害者である可能性が高いとしている。

 政府はなにをのんびりしているんだ!疲れ切った夫妻の様子を見るにつけ、「時間がない。」と感じる。
 この問題を絶対に風化させてはならない。

 ちなみに「アニメめぐみ」のDVDを私の事務所に所有しています。見たい方には貸し出ししますのでよかったら是非家族の皆さんと一緒に見てください。



posted by おさだ at 08:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
アニメめぐみ DVD見てみたいです。
横田夫妻 お元気でしょうか。なんと書いていいのか わからなくなる。ごめん
Posted by 村石太マン at 2010年06月30日 20:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38979213

この記事へのトラックバック