2010年07月31日

子宮頸がんワクチン

 最近ではがんという病気が人から人へ感染することが分かってきました。子宮頸がんがそうです。これは男性と女性の性交渉によって感染するがんです。

 そして、これを予防できるワクチンが開発されていることから、このワクチンを女の子ども達に接種しようという運動が活発化しています。一昨日閉会された神奈川県議会でもその法制化を国に求める意見書が自民党、公明党などの共同で提出され可決されました。

 しかし、これについては自民党内でも賛否についての議論があった。実はこのワクチンについては相当な誤解がある。というのが反対派の意見。

誤解・・・

その1・ワクチンを打てば子宮頸がんにはならない。と思っている人が多いこと。製薬会社の見解では子宮頸がんの発症を60%程度減ずることができる。というのが現実だそうだ。

その2・一度打てば一生効くと思っている人も多いこと。やはりこれも5〜6年程度の効き目しか無いそうだ。

 ワクチン接種を求める側は11歳から14歳までの女の子にこれを集団接種しようとしているが、この年齢の子に、こうした「性交渉」を前提としたワクチンを接種することにモラル的な面から間違っていると指摘する人たちも多い。しかも子宮頸がんの発症率は1万人に一人の割合だという。

 国民の生命を守ろうという議論に上限は無い。命の危機にさらされるがんという病気を事前に防ぐことができるならしよう。という意見に真っ向から反対することはできない。しかし、確かにモラルという面での議論はもっと尽くされるべきであると感じている。
posted by おさだ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39890217

この記事へのトラックバック

子宮筋腫の治療、子宮筋腫手術でお悩みの方へ
Excerpt: もし、ここに手術で取ってしまいたくなるほどひどい子宮筋腫の苦しみから解放されるたった14日間のプログラムがあるとしたらあなたも試してみたいと思いませんか?
Weblog: 14日間子宮筋腫改善プログラム
Tracked: 2010-08-10 11:32