2010年09月23日

暑さ寒さも彼岸まで・・・・

 昔の人はよく言ったもので、冬の寒さも彼岸まで、夏の暑さも彼岸まで・・今日秋分の日がまさにその彼岸。

 昨夜もやはりエアコンを効かさずには眠れませんでした。

 今日は雨が降るようで、朝8時15分の今、西の空で雷鳴が鳴り始めました。昔人の言う通りこのまま涼しくなってくれれば良いのだが・・・


 昨日から県議会では各党議員による一般質問が行なわれています。


 仏道では、現世から望む悟りの境地を、なかなかたどり着けない川の対岸になぞらえて彼岸と呼ぶそうですが、政治家にとって彼岸とは何だろう?

 当然、世界の平和と繁栄こそが私達の願いと信ずるが・・・先日、自宅の近所で行なった週末トークで向けられた参加者の言葉が胸に引っかかっています。
 それは、丹沢の自然保護について話をした私に「あんたはこの地元の町内会のことだけやればいい、そんな大きなことどうでもいい!」というもの。それだけ言ってその人は会場を出て行ってしまが・・おそらく言いたいことはそれだけではなかったのだろう・・・言わば足元を見よということか。

 彼岸というのはそんなにたやすくイメージできるものではないらしい。
posted by おさだ at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40878500

この記事へのトラックバック