2010年09月26日

幼児もだめです。

 口を開けば中国との弱腰外交やら特捜検察の腐敗やらとろくな話題が出てこないが・・・少しは県の話題をお話しないといけませんね。

 現在開会されている議会に一本の条例改正案が提案されています。「神奈川県青少年保護育成条例」の改正案です。

 これまで深夜(23時〜4時)の間保護者は青少年(小学校就学時から18歳まで)をゲームセンターやカラオケボックスなどへ行かせてはならないし、ゲームセンターやカラオケボックス等も青少年を立ち入らせてはいけない。という規定がありました。もちろん保護者が一緒にいてもダメです。
 今回この条例を一部改正し、青少年という言葉の定義を乳児から18歳までとすることにしています。(これまでは小学校入学時から18歳)

 つまり深夜23時以降は保護者が乳幼児を連れてゲームセンターやカラオケボックスなどに入ってはいけないということ。
 皆さんは当たり前のことだとお思いのことでしょうが、こうした改正をしなければならないということはそれだけそういう人が多いということ。

 当然改正案は全会一致で可決される見通しですが、あとは絵に描いた餅にならないよう現場での指導、取り締まりを徹底したいところです。
posted by おさだ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40954985

この記事へのトラックバック