2010年10月03日

納得がいかなかったので・・・

?VL.jpg 一昨日の読売新聞に私の名前が記事になって出たことから、色々な人から声をかけられます。

「よく頑張ってるね。」

 というものもあれば・・・・言わば・・そうでない人も。

 こんなことじゃなく、前向きなことで発言し、新聞をにぎわす者でありたいなぁ。

 今回の記事は県の元税務課職員による不正経理(公金の詐取)問題についてのもの。
 裁判にかけられている元職員の被告人が、詐取した公金のうちの一部300万円ほどを上司にタクシークーポン券として渡したと証言していることについて・・・タクシークーポン券を受け取った元上司二名(すでに退職)が「不正なものとは知らなかった。」とし、各々使ってしまった240万円と60万円あまりを県に返納、県もこれをもって事件の決着を図ろうという方針に対して私が「納得いかない。」と議会で詰め寄ったときのことが書かれています。

 240万円もどうやったらタクシー代だけで使えるの?本当にそうだったんですか?

 ということを納税者である県民の目線に立って質しただけ。

 まして、県では“タクシーチケット”というものは仕事が深夜に及んだりしたときに使用し、職員がタクシーを使って帰宅したりすることもあるが、“タクシークーポン券”という金券は支給していないという。

 それを240万円分も使っておいて“知らなかった”で済まそうとするのはおかしいですよ絶対に。

 記事を読んで、役人いじめをしている、なんて言ってくれる人もいるけれど、これが議員としての仕事なのです。
posted by おさだ at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41084380

この記事へのトラックバック