2010年11月16日

害虫の発生に悩む丹沢へ

丹沢自画.JPG
 薄曇りの天気の中、環境調査のため丹沢に登ってまいりました。
 今回の調査の主目的は南足柄などで発生している「アカネトラカミキリ」という害虫の発生状況を視察することにあります。どこにでもいそうないわゆるカミキリ虫ですが、こいつが発生しますとスギやヒノキなどの樹木の中に入り込み、木の芯の部分が赤く変色しやがて腐り始めてしまう、厄介な昆虫で、九州などで大量発生し林業に大きなダメージを与えています。
被害木1.JPG
 写真はこの虫が入ってしまったヒノキを輪切りにしたもの。こうなると材木としての価値はほぼゼロに等しく、神奈川の林業にとっても大きなダメージとなります。

 今のところ効果的な防除方法は見つかっておりません。ただこの虫が枯れた枝の付け根から木に入り込むことから、枝が枯れないうちに枝打ちをマメにするしかありません。
丹沢枝打ち.JPG
 この日も多くの作業員の皆さんが懸命に丹沢の山を守るために汗を流してくれていました。

 造営林や里山など、ひとたび人間が手を入れた山はしっかりと手入れをし続けて守って行くか、自然林にもどすかしなければたちまち荒れ果ててしまいます。今回のような害虫の発生や熊などの鳥獣被害、ブナの立ち枯れ、山の崩落などはその結果生まれてきたもの。

 今、私たちの水源の森はとても病んでいるのです。
posted by おさだ at 08:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
たいへんご無沙汰をしております。長田先生のご活躍は遠い清川村の地よりいつも注目させていただいております。メールも頻繁にチェックさせていただいておりますが、他の議員にない活動に敬服しております。当愛甲郡選出のB議員は・・・・(止めておきます。さて、今回丹沢を視察されたことを知りました。当社も、県や村発注の森林整備事業を受注しておりますが、山に入って驚くことに、まだまだ整備がされていない森林が無数にあります。ただ、整備だけで、倒木はそのままその場所に積んでおかなくてはなりません。現在、輸入材が大半を占めておりますが、実はその材木を出す経路がありません。せっかく長い年月をかけ成長した木であっても、製品に加工できないのです。ぜひ今度、お時間があるときに意見交換させていただければと思います。時節柄、お体にご留意いただければ幸いです。
(株)山善 代表取締役 山本善一
Posted by 山本善一 at 2010年11月16日 09:33
先輩書き込みありがとうございます。

かつては林道の整備も鹿の管理捕獲も環境団体等から強く批判されてきました。しかし、水源環境税に基づく近年の神奈川県の様々な取り組みの中でかなり理解は進んできたと感じております。

 ただ、かつてのスーパー林道のような、林業よりも一般車輌を走らせる目的のような林道整備は今でも受け入れられないと考えています。
 環境負荷の少ない木材搬出のための林道整備がこれからの課題だと考えています。

 一度お伺いしますので現場の様子を勉強させてください。
Posted by おさだ at 2010年11月17日 07:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41733664

この記事へのトラックバック